教室にクリスマスツリーが。。

ダイキ先生と一緒にクリスマスツリーのベース部分を制作しました。



高さ180cmの大きさなので教室に入れるとかなりの存在感です。


今日来ていたみんなと飾り付けをしました。

またこれからクリスマスに向けてどんどんみんなの作品を飾って行けたら良いな〜と思っています。



ブログの更新が長い間滞っていましたが、制作の記録はしっかりとってありますので
年内にはまとめてお見せできるようにします。

ストラックアウトがもうすぐ、、

待望のストラックアウトの完成がもうすぐになってきました。
前回カットした木材にボンドをつけて貼っていきます。

キレイに並べて貼っていくので若干緊張気味です。

全部貼ったら出来上がり!

早速屋上でボールを投げて試してみました。

なかなかの出来でちゃんとボールを当てると板が倒れます。
でもこれは結構あてるの難しいですね。
さ、次は仕上げの色塗りです。

悩んでましたが結局「青」に決めました。
あとは横と裏面を塗ったら完成!と言うところで今日は時間切れ。
次で完成やね!

素材からのイメージ

先日頂いたダンボールや木の棒などの素材、それと梱包に使われていた緩衝剤を見つけたこどもたち。


早速その素材を使って制作を開始しました。

まずは緩衝剤にカラーモールを巻いて、、、
なんだか愛嬌のある人形が出来ました。

そしてダンボール素材で何か作っています。
出来上がったのはこれ。
生意気にもイスに座ってノートパソコンを使ってますw

次は緩衝剤で作られたキノコが大量発生しました。
ダンボールの上にあって色を塗られているのがキノコです。
わかります?

横から見るとこんな感じ。

そしてキノコはダンボールの家の屋根裏にも発生していました。

和紙でランプシェード

今、アトリエでちょっとしたブームになってるランプシェード作り。
染めた和紙を貼っていく作業。

こちらはしっかりと貼った和紙の上部に穴をあけていっています。

中から見るとこんな感じですごくきれいです!
照明を入れた時に光がどんな風に漏れてくるのか楽しみです。

そして横では余った紙を糊でダンボールに貼っていって遊んでます。

自由の難しさ

アトリエでは基本的に自由に制作してもらっています。
こどもたちの発想の中から出てくる面白さを最大限に引きだしたいと思っているからです。

でも「自由に何でもやって良いよ」と言うと、やっぱり行き詰まってしまう子が出てきます。
そこで少しアドバイスしたり、ヒントを与えたりしますが、結局は本人に決めてもらうので
本人が納得して制作してくれるのが一番です。

小さな家を制作してる男の子がなんだか難しい顔をして空容器を並べています。
そして突然ニコッと笑って「先生!これ見て!上から見たら顔みたい!」と

「ホンマやな〜、何してるんやろうと思ったらこれやったんか〜」と言うと
うれしそうに制作に取りかかりだしました。
高さを調整してお風呂の浴槽にするみたい。

何をして良いか悩んでいた子はとりあえず考えるよりも手を動かしてみようとラクガキを始めました。

話を聞きながら絵を見ると面白い要素はいっぱい散見できます。
こんなラクガキや対話の中から彼の興味のあることなどをうまく読み取ってあげないといけないですね。

あまりしゃべらないけどしっかりやりたいことは主張する1年生の子は紙粘土とストローが
欲しいと。
何を作るのか聞いてみたけど、、、「うーん。。。」と。

出来たものはこれ。
ストローの先が割れていてここにピンポン球を載せてフーフーしながらボールを浮かせて遊ぶみたいです。
ちゃんとイメージはあるんですよね。
色んな形で表現することはできるんだなーと安心します。

棚に置いてた砂絵キットを見つけた男の子は黙々と砂絵制作。
自分でデザインを描いて、カッターで切っていきます。

少しずつ色砂をのせていって完成です!

色を混ぜたりと工夫した痕跡が見えますね。


ソーラーパワーでエコ工作

なにか実験的な工作をしたいという希望があったので
ソーラーパワーを実感してもらうことに。

自然エネルギーに目を向けるのは大切なことだと思うので
少し実感して関わってもらえると良いかな?と思います。

まずは説明。
何をどうつないで行くのかを考えます。
初めにちゃんとモーターが電池で動くのかを乾電池で動作確認。

「まわったー!」「すげー!」
「じゃ、今度は太陽電池でやってみよう!」

室内で明るい部分に持って行ってもなかなか動きません。
カーテンを開けて直射日光をあててみると、、、

おー!回った!みんな大興奮です!

これを使ってみんな舟を造ることにしました。
食品用のトレーをベースに色々考えています。



パネルは上に来ないと光が当たらないので上に。
モーターとプロペラを下に設置します。

ホットボンドを使って改造中です。

ホットボンドのカスが気に入ったみたいです。

4歳の子は画用紙に色塗り。デコレーションに使うようです。

舟に画用紙を貼って完成!

残念なのが実際に水の上で動くのか確認出来なかったこと。
お風呂とかだと直射日光があたらないし、近所で外に水がたまってるところがないんです。

どこかで各自実験してみてね!

空き時間に工作

風船でランプシェードを制作してる子たちは和紙を乾かしている間、
他に制作することを探します。

2人の子は以前男の子が制作していた紙筒で楽器を作りたいと。
屋上へ移動し、カナヅチでトントン。

初めは少し怖がっていましたがドンドン楽しくなって来たようで
途中笑顔も見えていました。

釘を打ち終わったら紙を貼って乾かします。
次回はこれになにか絵を描いたりデコレーションしたりするのかな?

5年生の子は近くにあった木材を集めて何やらレールを組み立てています。

上からビー玉を転がし、角度を調整しているようです。

完成したらどんな遊びになるんでしょう?


ランプシェードが人気!

少し前から風船と和紙を使って照明を作るのが教室の中で流行しています。

パチンコ板の時もそうでしたが、誰かが楽しそうなものを作り出すと
みんな興味津々で観察して、自分も作りたい!となるようですね。


年中さん、2年生、4年生、5年生の子らがみんな夢中で風船に和紙を貼っています。
糊でべたべたになりながらも楽しそうです。

一足早く作り出した4年生の子は出来上がった張り子を切り抜いて穴をあけて行ってます。
カッターを使って穴をあけていますが
なかなか難しいですね。
途中途中で中に照明を入れて光の漏れ具合をチェックしながら作業を進めています。

どんな光になるのか楽しみですね。

ストラックアウト2週目

2年生の男の子が制作中のストラックアウト。

かなり頑丈なダンボールを使用しているのでカッター出来るのに苦労しています。

初めのうちはひとマスをカットするのに約15分くらいかかりました。
残り6マス、、時間を計算して「ヤバい、今日中に終わらんかも。。」
と不安そう。

「でも慣れたらもう少し早くなると思うから大丈夫よ!」
と言ってもホントかな〜?と言う顔で心配そう。

4つ目くらいから急にペースアップ。
どうやらコツを掴んだよう。
「こうやって両手でやると力が入れやすい!」
って興奮気味に話してくれます。

30分足らずで残り6マスをカットし終わったので、
早速次の作業へ。
はじめて使うノコギリ。

しっかりと使い方を聞いてからチャレンジ。
姿勢が良いのでちゃんとまっすぐに切れます。
すぐにコツを覚えたようで必要な本数を計算しながらドンドン切っていきます。

切り終わるとヤスリ掛け。

こうやると角があたっても痛くないでしょ?というと
「なるほど〜!」と目を丸くしてました。

木材を並べて仕上がりイメージ。

次回は木材の接着作業ですね。

制作色々

3年生の男の子3人での制作風景

小さな家(ドールハウス的なもの)を作ってる子は
ひたすらダンボールと格闘。

何をしようかと悩み中の子はとりあえずラクガキからはじめて、
なんだか面白いキャラクターを作り上げました。
「どかんロボット」です。

イスを作ってる子は仕上げが近づいて来て背当て部分に絵を描いています。

出来ました!

思い思いの制作がひと段落すると3人で遊びだす時間。
適当にある材料を見繕って遊び道具も作り出します。

なにを作ってるのでしょう?

変身ベルトです!

こうやって遊びながらモノ作りを楽しんでくれるのはうれしいですね。


categories

profile

書いた記事数:258 最後に更新した日:2012/11/01

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

archives

recommend

っぽい
っぽい (JUGEMレビュー »)
ピーター・レイノルズ
こどもにも、お父さん、お母さんにも是非読んで欲しい一冊

recommend

 (JUGEMレビュー »)

子供のアートが開く知性と想像力の可能性。

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM