家作りの終わりと始まり

家作りが着々と進み、そろそろ完成です。

全体像はこんな感じ。

細かい部分の作り込みもばっちり!

家作りもこれでひと段落かな?と思ったら、、、
なんと!新しい素材で制作意欲が湧いたのか、
途中で放置されていた家の制作を始めた子が、、、

おもむろに広げられた木の棒、アイスに使用される棒ですよね。
これと緩衝剤を組み合わせて何か組み上げていきます。

イカダ?何を作っているのか聞いても「フフフっ」と笑って教えてくれません。
ドンドン組み上がっていきます。
そして出来たのがこれ。
どうやら鳥小屋のようです。

これを制作途中の家の壁につけるみたい。
これからまた家を作り出すんだねw

屋根裏部屋のひみつ

家作りも佳境に入ってきました。

いよいよ屋根を取り付けることに。
屋根の取り付け方法を考えてる時に何かイイことを思いついた様子。

なんと!屋根裏に部屋を作って、そこに自分が作った動物を並べるみたい。
中からみるとこんな感じ。

外からは

なんだか不思議な魔法のお家みたいです。

よく見ると屋根には鳥小屋もあって、黄色い小鳥がいます。

どこで完成になるのか楽しみです。

家のデコレーションとミニキッチン

かなり長期にわたって制作している家作り。

今回は細部のデコレーションです。

サンゴや貝殻から自分のお気に入りを探します。

かなり時間をかけて見つけたものを使って
インターフォン作りました。

カワイイ表情のインターフォンですね。

取り付けるとこんな感じです。


5歳の妹はミニキッチン作りに夢中。

前回木で組み立てたミニキッチンに穴をあけて
(穴を開けるのはスタッフが開けました)
紙粘土で小物を作っていきます。

4つ置かれた紙粘土はなんでしょう?
実は、、、

ガスコンロだったんです。
上に鍋を乗せています。

水道なども作って完成。

なかなか良く出来ています。
何も見なくてもしっかりと頭の中にイメージが出来てるんでしょうね。





ミニキッチンとテーブル

家作りに夢中の3年生のお姉ちゃんは
ダンボールで机を作りました。

途中で切る予定じゃなかったところを切っている事に気付いて
がっくり凹んでいましたが、ダイキ先生と一緒になんとかリカバリー出来たようです。

年長さんの妹は前回に引き続きミニキッチンの制作
カナヅチの扱いもだいぶ慣れて来ました。

自立するように脚をつけていきます。

反対側にも脚をつけてひとまず完成。

これをダンボールの家に入れてみた感想は
「あれ?なんかイスみたい」

そうやね〜、イスっぽいかもね。
でも小物をどんどんつけていくとなんとかキッチンになるかな?

次の課題やね。

内装工事

今日は内装をする!と以前から話していたので予定通り内装工事。

ダンボールが見えないように白い紙を貼っていく作業。
のりを刷毛で塗り、そこに紙を貼る。
ダンボールにのりを塗るよりも紙に塗ってはった方がキレイに出来ると
自分でやり方を考えながらやっていました。

だいぶ出来てきましたね。

その間、5歳の妹は自分の家に入れる為のキッチンを作っています。
前回しっかりスケッチしていたのでイメージはちゃんとあるんですが、
木工作業自体が初めての経験なので緊張気味です。

なんとか釘をしっかりと打ち込めるようになりました。

次はノコギリにも挑戦出来るかな?


補強と窓増設とキッチン

家作りに夢中の3年生の女の子。
まずは前回ちょっと壊れてしまった部分を補強。


裏からダンボールをホットボンドで貼って補強しました。

次は小窓を作ります。
丁寧にカットしてセロファンを貼ります。
どんどん作業が丁寧になってきていますね。

出来上がった窓はこんなにキレイです。

あと、外壁のデコレーション用に自宅で装飾品を作ってきてくれました。
かわいらしい仕上がりになりそうですね。

5歳の妹も負けじと外壁部分をペイント。

丁寧なお姉ちゃんの作業とはひと味違うスピーディーな作業。
勢い良くどんどん塗っていきます。

カラフルな入り口が完成です。

「次はキッチンを作りたい!」と言うことなので
どんなのを作りか描いてもらいました。
かなり本格的です。

絵がすごくうまくて説明無しでも何を描いたかわかる出来なので
驚きました!

でもこれを作るのは大変そうだな〜。

家の塗装再開

作りかけの家をなんとか完成させようと
久しぶりに家作りに復帰しました。

4歳くらいの年齢だと色んなものに興味が出てくるので、
周りの子が違うことをやっていると何でもやってみたくなっちゃって
なかなかひとつのことを完成させるのは難しいですね。


いざ塗りだすと、もう楽しくて仕方ない様子。
家の中も塗りました。
隙間から覗くとすごく良い表情をしています。


髪の毛やおでこにも絵具をつけて出てきました(笑)

窓と照明

お姉ちゃんに刺激を受けていよいよ家作りに本格的に取りかかる妹、
家の設定は3階建てのようです。

上の方にも窓が設置される予定。
お姉ちゃんも様子を見守ります。

下に倒して窓を切り抜く作業。

なかなかうまく切れませんね。

やっと出来た!
でもまだまだ窓がたくさんあるんだよね。

お姉ちゃんは屋根の中に照明を取り付けて、
その下にセロファンで折った花をぶら下げてます。
写真ではわかりにくいかな?

机と椅子を入れて満足そうだけど、、、

椅子を無理矢理入れたのでちょっと家が壊れました。

来週は修理からやね。


窓どんどん!

引き続きダンボールの家作りは続いています。

窓の数を増やしていきますが、がむしゃらに増やすわけではなく、
ちゃんと初めに描いた設計図に合わせてやっています。

窓の色もちゃんと指定されています。
でもセロファンの色が限られているので完全に理想通りには行きません。

でもキッチリとした窓にしたいようでかなりのこだわりようです。

裏側にしっかり両面テープを貼って、
表面に大きめにカットしたセロファンを仮止めしています。
表情は真剣そのもの。

きれいな仕上がりに他の子も「スッゲー!」と見に来ます。

小窓もしっかり出来ました。

今日は最後にポストに使う箱を青く塗りました。

これが設置されるとどんな感じになるんでしょう?

こだわりの窓

家作りの中で、本人が一番こだわってると思われるポイントが2つ。

「屋根」と「窓」

今日はその窓の制作。しっかりと下絵を描いて、
線に沿って丁寧に切り込みを入れていきます。

1時間近く掛けて出来たのがこれ。

ちゃんと開閉式です。


次に窓ガラス部分にセロファンを貼っていきますが、
ここの作業もすっごく丁寧。

何度もしわを伸ばし直しながら丁寧に丁寧に貼っていきます。

かなりクオリティの高い窓になりました。




categories

profile

書いた記事数:258 最後に更新した日:2012/11/01

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

selected entries

archives

recommend

っぽい
っぽい (JUGEMレビュー »)
ピーター・レイノルズ
こどもにも、お父さん、お母さんにも是非読んで欲しい一冊

recommend

 (JUGEMレビュー »)

子供のアートが開く知性と想像力の可能性。

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM